So-net無料ブログ作成

劇団からっかぜの芝居つくりで思うことⅧ [劇団からっかぜ]

「ア・イ・ウ・エ・オ」 母音で遊ぶ

前歯で指を一本軽くかんで、口と唇を動かないようにして
「ア・イ・ウ・エ・オ」 声を出してみる。
舌の位置がどうなっていますか?
「ア」は、下にある。「イ」上顎についている?「ウ」奥に引っ込めている?
「エ」は、イとアの中間?「オ」奥の下? 口の中が一番広がっている?

指をかんで、いないときのように「ア・イ・ウ・エ・オ」が聞こえますか?

首に指を触れて音を出すと振動を感じる? 私はかんじにくいです。
振動の発信地は声帯だと言われています。
声帯の前側は甲状軟骨にくっついていて、声帯の後ろ側は披裂軟骨という骨についている?
外からは喉仏(は甲状軟骨という骨のでっぱりの部分)のところですか?
声帯のついている筒、喉頭(こうとう)は、咽頭と気管の狭間で、舌骨より下にあり気管より上にある、頸部中央に一つ存在する共鳴する筒だと思います? 自分で調べて確認してください。
喉頭.jpg

母音は、この喉頭の共鳴と口の共鳴で決まると思います?
口の中の舌の位置で母音「ア・イ・ウ・エ・オ」がきまる思います。
母音の3角形.jpg
図は、「OKI研究開発からー声と音の技術」から抜粋

唇側の母音「ア・エ・イ」を前舌母音、声帯側を後舌母音「ウ・オ」
これを使って遊ぶ。

働け(hatarake) 自分は働かない相手だけに、ビジョンのフイルム化(心に描いて)
「働け(hatarake) 」声に出してみる。

次に 心動く(kokorougoku) 相手にかけないで、自分の心に、ビジョンのフイルム化(心に描いて)
「心動く(kokorougoku)」声に出してみる。
 
唇側の前舌母音「ア・エ・イ」と、後舌母音「ウ・オ」のちがいをかんじましたか?



前へ 『劇団からっかぜの芝居つくりで思うこと Ⅶ』

次へ 『劇団からっかぜの芝居つくりで思うこと Ⅸ』


劇団からっかぜ
浜松市芸術祭演劇の65年史
ふじのくに芸術祭演劇コンクール
はままつ演劇フェスティバル
nice!(0)  コメント(0)