So-net無料ブログ作成

劇団からっかぜの芝居つくりで思うことⅫ [劇団からっかぜ]

--芝居を一般的から個別性へ--        劇団からっかぜ 布施 佑一郎

 演劇を磨くためには、コメディーでも悲劇でもホームドラマでも良いのですが、やはり緻密に意味ある人格を持った人たちが描かれていて、練られている、構造のしっかりした、古今東西の(国籍とわず)古典、近代、現代の名作・傑作と呼ばれる本が良いと思っています。(演出の練習にも)

劣化コピーと邪悪な振り演技について思うことの2つ

一つ目は
「(セリフの国語的な表面の1つの意味ではなくて)実際の人間が『やっている』事実を認識し価値を受け入れて欲しい」

二つ目は
「もっと人間の良さを、もっと人間のいろいろを信じようよ!」(綺麗ごとだけではなく)

 ということ。

 学歴、年齢、キャリアの長さや所属、関係なく、この2つは共通して思います。
作品のスタイルに照らし合わせて考えながら、しかし、字面の意味だけの「物語」にこだわらずに、いわゆる超目的や目的やら、ポドテキストなどに取り組むことになるのですが、そこで気になるのが、ちっとも実際に役の人物たちがやっている行動の「事実」を認めない人々。妄想してたり、ただあらすじ考えてたり、セリフがすべてになっていたり、目的がなかったり、自我の状態がいつもの自分のままだったり…。
 例えば、セリフの言い換えさえできれば内容わかったつもりになっているなら、それじゃ普段、あなたは思っていること、感じていること、すべて口に出しているのかな?と尋ねたい、
思考だけが、相手の前で口にできることだけが、あなたの中身なんですか?
「オトナ」になる過程でいろんな事情で、特に深い感情とかがないがしろにしたり、隠す術だけうまくなっていったり、表面的な機能だけ優先したり…まあ、いろいろあるとは思います。
 演劇は(芸術)、「人間をより人間らしくする」と思います。
いろいろな人間たちが(フィクション内でも)、さまざまな時代や文化風習を越えて、普遍的な深い人間の感情や葛藤や人間の正体をポドテキオストや超目的に抱えて、一生懸命、ほんとの意味でまるごと「生きている」とき、

素晴らしい!!!

物品のように硬くて、とてつもなく「殺伐とした心象風景」の俳優がいて、深刻に驚きます。
愛もない、許しもない、情けもない、恐怖も不安も幸福も希望もない。
自分にも他人にも、何の信頼も友愛もない。(生活をどうしているのか)

一般的でとってもあさい、その場限りの、自分勝手な思い込みと凝り固まった気分みたいなもの、そしてそれを体現しちゃってる残念な身体と、これまた浅い思考….、癖だらけのいびつな心と体。そんなものだけで、芝居はできないのです。

 そんなものだけで、芝居しようとするから、「できない」のです。
そんなものしか信じてなくて、使ってないから、苦しいのです。愉しくないのです。

劣化コピーと邪悪な振り演技で終わらないで、自分のたくさんの能力を捨てないで、諦めないで、見くびらないで、大事にしつつ、磨きつつ、「つかうこと」です。

もっと面白く、価値ある公演のために、もっと快適で、愉快な稽古場のためにも。



前へ 『劇団からっかぜの芝居つくりで思うこと Ⅺ』

次へ 『劇団からっかぜの芝居つくりで思うこと13』


劇団からっかぜ
浜松市芸術祭演劇の60年史
ふじのくに芸術祭演劇コンクール
はままつ演劇フェスティバル
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。